女性

ほくろ治療を検討しているなら|施術内容を事前に知っておくべし

美容整形で気をつける事

レディ

手術方法が異なる

ほくろが顔に出来てしまうと鏡を見るたびに気になったり、人前に出るのが嫌になってしまったりします。また色が濃いものやサイズが大きいものは化粧などで隠すことは難しいです。そのためほくろを美容整形の手術で治療しようと考えている人も少なくありません。ですが美容整形の手術を受ける前にしっかりと知識を得ることが必要です。そもそもほくろの手術法は色々な種類のものがあるのです。まず、ほくろにレーザーを照射して除去する方法です。ほくろの手術の中で多くの美容整形外科で行われており、肌へのダメージを最小限に抑えながら治療できます。さらにほくろをピンポイントで除去することが出来るため仕上がりも綺麗です。また大きなほくろや色が濃いものも除去することが可能となっています。そして時間も10分程度で終わるため、すぐに退院できる点も魅力的です。しかしこの治療法は気をつけなければならないことがあります。それはアフターケアをしっかりしなければならないことです。例えば、手術後2週間くらいは紫外線が当たらないようにテープを貼ったり、処方された薬を塗ったりするなどしてきちんとケアをしなければなりません。ですから手術が終わったからもう大丈夫というわけではないのです。治りを早くするために、また傷跡が残らないようにするためにもアフターケアは重要となっているので理解しておくといいです。またこの手術法は何度も通院をしなければなりません。一度に全て治療出来るというわけではないのです。ですから全て完治するまでに半年間位は定期的に通院する必要があります。また他には、ほくろにメスを入れて除去する方法もあります。これは患部をメスで切り取って、周りの皮膚を縫い合わせるというものです。これは少し膨らんでいるタイプのほくろに最適です。またほくろそのものを切り抜くため再発のリスクが極めて低く、さらに保険も適用されるので費用を大きく抑えることが出来ます。しかし縫い合わせた後に再度糸を抜かなければならないため、少し皮膚へ負担がかかります。さらに比較的難易度の高いメスを使用した手術法となっているため医師の腕によって仕上がりに差が出来てしまうことがあります。例えば経験が浅い医師やスキルが不足している医師が手術を行うと、傷が残ってしまう可能性があります。ですから事前にきちんとホームページや評判をチェックして医師選びを慎重に行い、信頼できるところに行くことが大切です。このように治療するにも手術方法やメリットが異なるため頭に入れておいた方がいいです。