女性

ほくろ治療を検討しているなら|施術内容を事前に知っておくべし

コンプレックスを改善する

カウンセリング

体の気になる部分です

人の体には無数のコンプレックスが存在します。その中でもほくろの治療について紹介します。まず、ほくろの治療を行うところは、大きく二つに分けると皮膚科と美容外科があります。皮膚科は健康保険が適用される可能性があります。美容外科は美容が専門ですので自由診療になりますので保険の適用は難しいです。皮膚科と美容外科では治療の内容の違いが出てきますが、皮膚科は健康保険が適用されますのでほくろの治療だけに目が向けられています。美容外科は美容目的の治療が多いので、ほくろの治療に綺麗さが求められています。もちろんこの二つには費用の違いが表れますので、自身の求める形を考慮したうえで、診療してもらうところを決めるべきです。治療の内容としては炭酸ガスレーザーや電気メスなどの道具を使用します。ほくろの芯が深いものや大きいものは電気メスを使用するようです。それ以外はレーザーで取れます。炭酸ガスレーザーのほかにQスイッチレーザーという道具があり、黒っぽい組織だけに反応し、色素細胞だけを破壊するレーザーを使用します。このレーザーは、周囲の細胞を傷つけないので傷跡が残りにくいです。レーザーよりも短時間で治療できる機械としてはサージトロンという道具です。特殊な高周波によってほくろの組織を蒸散させて除去します。また、どの道具を使うかで費用も変わってくるため、ほくろの大きさでも費用が変わってきますので相談するといいでしょう。レーザーのメリットは、傷跡が残る可能性が極めて低いとこです。治療後のトラブルも比較的に低いです。電気メスの治療のメリットは、大きく盛り上がったほくろでも除去しやすい点です。さらに時間も5分から10分ですみます。くりぬき法のメリットは再発の心配がほとんどないことです。切除した組織を検査して、そのほくろが良性か悪性かの判断が出来ることです。デメリットも考える必要もありますがメリットの部分を考慮して決めるのもいいです。次に評判のよい病院を探してみましょう。インターネットでも病院や美容外科の評判と口コミも紹介されています。調べてみると分かりますが、美容外科は有名なクリニックが評判はいいようです。特にアフターサービスが充実されているようで、安心できます。皮膚科は病院になりますので、インターネットでの評判や比較は出てこないようです。こうなると人からの口コミになりますので、周辺の友人や知人に聞いてみて体験者がいるならば、そのような人を探すといいでしょう。飲食店や美容室に行ったときに、そこの店員に聞いてみるのもいいでしょう。意外にも情報は豊富のようです。