今日からあなたも綺麗になる

ほくろ治療を検討しているなら|施術内容を事前に知っておくべし

施術方法選択の基準要素

ナース

スケジュールの重要性とは

体にメスを入れ患部の摘出を伴う美容整形の多くには、ダウンタイムが存在しています。長期間のダウンタイムが必要な方法もあるので、美容整形施術を受ける時にはまとまったスケジュールを確保してください。美容整形法の中ではほくろ治療の施術が最もダウンタイムが発生しやすく、同時に治療効果も高いので施術担当者と入念な打ち合わせをしましょう。メスを使った方法の中で最もダウンタイムが短い方法は、くりぬき法という治療方法です。特殊なメスを使いほくろの大きさに合わせて患部くり抜いていく方法で、患部以外の皮膚を傷つける事がないため、施術を受けやすいメリットがあります。ダウンタイムは皮膚が完全に自然接合するまでに1週間から2週間、その後施術担当者の判断で抜糸をし経過観察を行います。ただしこの治療は、使用する機材の都合上5mmまでのほくろにしか対応できないため、事前に患部の詳細な分析が必要な点を留意してください。次にダウンタイムが短い方法がメスを使った切除縫合法という方法で、ほくろ治療の主力として多くの治療事例に使われています。ほくろが大きくても採用できる方法で、顔にほくろがあっても皮下組織に沿って縫合線を作っていけば綺麗な仕上がりになります。多くの患部に使用できる一方、その分体内環境の状態を施術担当者が詳しく知る必要があるので、準備段階のカウンセリングは必ず受けてください。ダウンタイムは主に術痕の自然接合までに1か月程掛かり、そこから経過観察をしてから抜糸を行うので、余裕を持ったスケジュールを用意しましょう。最後に一番特殊なダウンタイムをしている方法が、レーザー治療による施術です。レーザーには皮膚組織を削らないタイプが多数を占めていますが、それぞれ必要な準備やダウンタイムに違いがあります。レーザー治療として有名な方法はQスイッチレーザーで、メラニン色素をレーダーで探知し、的確にほくろ消していくので綺麗な仕上がりになります。使用する機械のスペックと施術担当者の判断があれば、より綺麗な仕上がりも可能なので、複数のクリニックのカウンセリングを受診してください。1週間程のダウンタイムで術痕が完治する事例も多いので、忙しい方の受診がお勧めです。ほくろの色が薄い時は、ロングパルスレーザーの使用も施術担当者が検討する可能性があります。ロングパルスレーザーは主に半導体等の電子機構の出力を上げた物で、熱照射の規模が大きいため範囲の広い治療がしやすいメリットがあります。施術方針としては複数回のレーザー照射を前提としているので、それに合わせたスケジュールを準備してから受診してください。ダウンタイムは患部の規模によって違い、この点も事前に把握した上で施術を受診する必要があります。

レディ

美容整形で気をつける事

ほくろを美容整形で除去する方法はいくつかありますが注意しなければならない点があります。例えばレーザーにより除去する方法は治療するのに時間がかかります。またほくろにメスを入れる方法は医師の腕により仕上がりに差があるので気をつけた方がいいです。

もっと見る

鏡を見る人

美容のために行うこと

顔にあるほくろを消したい場合にはまず皮膚科を受診し、その状態にあわせてそのまま除去するか美容外科を紹介してもらうといいでしょう。大きい場合には傷跡対策を考えて、カウンセリングを受けながら時間をかけて治療していくと必ず満足いく結果になります。

もっと見る

カウンセリング

コンプレックスを改善する

コンプレックスの一つであるほくろですが、治療にもたくさんの種類と診療内容があります。治療を行う機関も病院や美容外科など分かれています。もちろん費用もかかりますので、事前に調べて考慮して決断するといいでしょう。

もっと見る

医者

知らぬ間に増える理由

顔に出来たほくろは場所によって、憂鬱な気分になる事があります。気になる時にはレーザー治療やメス治療で取ってしまいましょう。実はほくろには、ガンの可能性が否定出来ないものが存在するので、治療を受けるメリットは大きいのです。

もっと見る